Skip to content

QRコードを読み込むQRリーダー

QRコードは情報を格納するための二次元コードです。

一般的に使われているバーコードは縦線のみで構成されており規格化された簡単な文字や数字といった情報が読み取れるのに対して、QRコードは縦と横に情報が格納されており、格納できる文字数がバーコードよりも多いメリットがあります。商品に使用されることもありますが、値段などのラベルの場合にはバーコードでも十分であるためあまり使用されていませんが、カメラ付き携帯電話やスマートフォンの端末をQRリーダーとすることができ、情報量が多いことを利用して商品の情報を記載したURLへの案内に使われます。

またこの他にも部品を流通させるさいの登録情報や偽造を防ぐためのマーキングや情報の格納を行うこともできるので航空券や乗車券、またイベントなどチケット類やプリペイドカード、決済サービスといったものがあります。QRリーダーは商業的に使われるものの多くはバーコードと同じくレーザーを使って読み取ることができる専用のQRリーダーが使われます。

一方でQRコードの用途からその多くはカメラ付き携帯電話やスマートフォンを使って行います。カメラ付き携帯電話は標準でQRコード読み込みに対応していますしスマートフォンもアプリをインストールすれば読み取りができます。しかし、読み取り速度という面では専用のQRリーダーの方が高速で行うことができますし、それぞれの用途に適したものにすることで読み込んだコードが何のために使われるべきものなのかを判断して迅速に情報を扱うことが可能になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *